男の脱毛場所選びで大切なこと

一番効率のよい脱毛はレーザー脱毛

料金と脱毛効果のコスパを考えると今一番いいのは、医療機関のレーザー脱毛です。

 

しかし、レーザー脱毛はとても痛いので、完全につるつるになるまで脱毛する必要がない部位であれば、メンズ脱毛サロンの光脱毛でいいでしょう。

 

例えばヒゲを完全になくしたかったら、レーザー脱毛が一番効率がいいです。

 

光脱毛だと何度も何度もまた生えてきてしまい、つるつるにするまでには20回、30回はかかり、さらに継続する必要があるかと思います。

 

デリケートゾーン(VIO)の脱毛であれば、つるつるまで求めない痛みが少ない光でいいと思います。

 

メンズ脱毛に実績のあるところ

メンズ脱毛が人気になっているので、女性の脱毛しかやったことのないクリニックや小規模エステなどもメンズ脱毛を始めています。

 

でも女性とは毛質が違うので、選ぶべき脱毛機も照射時間や出力も異なります。

 

効率よく安全に脱毛したいのであれば、男性の脱毛実績があるところを選びましょう。

 

予約が取りやすいところ

料金が安くても予約がなかなかとりないところはだめです。

 

女性の脱毛サロンに比べてメンズ脱毛サロンはまだ予約は取りやすいと思いますが、

 

女性と兼用の脱毛をしているクリニックなどでは予約が取りにくい場合もあるのです。

 

予約が毛の周期に合わせて、最低でも2ヶ月おきにはとれるところを選びましょう。

 

もちろん脱毛が進めば3ヶ月おきでいいですが、最初は1〜2ヶ月おきに脱毛する必要があります。

 

接客サービスを確認してから契約する

安いけれど、接客がよくないクリニック、逆にちょっと高いけれどすごく接客が丁寧なクリニックがあります。

 

メンズ脱毛サロンでもそのようなことはあるでしょう。

 

接客がよくなくても安ければいいという人もいますし、少し高くても、接客がいいところがよいと思う方もいるでしょう。

 

脱毛は長く通うことになるので、実際にカウンセリングや体験脱毛をして、接客を肌で実感してから契約しましょう。

 

自分に合うかどうかそれによってわかると思います。

 

途中で通うのが嫌になってしまうようでは脱毛もうまくいきません。

 

脱毛以外の追加費用の確認

無脱毛以外で必ずかかるものは、医療脱毛するときにオプションとなる麻酔ぐらいです。

 

しかし、脱毛サロンやクリニックによっては、いろいろな脱毛以外の費用がかかるところもあります。

 

予約をキャンセルする場合の料金、そり残しがあった場合のシェービング料金、

 

医療機関特有のものとしては、脱もの経過を見るときの医師の再診料料金や脱毛後のケアをするための薬代、

 

肌トラブルが起きた場合の医療費など、別途かかるところもあれば、すべて脱毛料金込みで無料のところもあります。

 

これらをトータルににすると、実は脱毛料金は安いのにトータルでは高くついてしまうなんてこともありますので絶対契約前に確認すべきです。

 

アフターフォローや保証も重要

脱毛コースの契約をして回数を消費してもまだ脱毛が完了できないことはよくあります。

 

追加で脱毛したいときに、割安で脱毛できる保証をつけてくれるところとそうでないところがあります。

 

これも契約前に確認しておくべき重要事項です。

 

移動できるかどうか

転勤や引っ越しなどで脱毛の途中で通えなくなることがあります。

 

全国にたくさんの院や店舗があり、移動が可能な脱毛サロンやクリニックもあります。

 

そのような可能性のある人は、自由に店舗を移動できるのかどうか確認しておくべきでしょう。

 

解約方法返金の計算方法

今は医療脱毛も特定商取引の対象になりましたから、医療機関でレーザー脱毛してもクーリングオフができます。

 

また途中解約も可能で、施術を受けていない残りの分は均等割して、返金してもらえます。

 

法律に基づいているので、解約手数料の最高額も決まっています。

 

しかし、良心的なところは、解約手数料を無料にしているところもあります。

 

逆に、均等割の返金部分を独自の計算方法で、支払った金額を割らずに、元々キャンペーンで割引になっているからといって

 

定価で均等割して、ほとんど残金がないような計算をするようなところもあります。

 

ですから解約の場合の返金の計算方法や、解約したいときの手続きの方法などは、よく確認しておきましょう。

 

納得できないような返金方法をとるところは契約しない方が無難です。