熟年離婚と年金

離婚では必ずしも、慰謝料が掛かるわけではありませんが、

 

相手が、望まない、また自分に非があるという場合、やっぱり慰謝料が心配になりますね。

 

あくまで不倫などの不貞行為、DVなどの暴力行為などによる精神的・肉体的苦痛に対する金銭的代償を求めているものであるので、

 

何もない場合の慰謝料はなく、普通は、財産分与という形になります。

 

今まで女性が夫に我慢してきたことを吐き出して、定年後に熟年離婚をするケースが増えています。

 

夫に長年の不貞行為があれば慰謝料を取れる可能性はありますが、それだけで自立して生活できないため

 

我慢していたという沼は多いようですが、年間が離婚した場合妻と夫で分割されることになったことで、

 

より自立に近づけるという点で、一時騒がれて熟年離婚が増えました。

 

しかし実際どうなのでしょうか?

 

ということで、離婚に関するお金について考えてみます。

 

財産分与は慰謝料と別ですから、両方となると、相当な金額になり得ます。

 

離婚の慰謝料も賠償金の一種ですから。

 

慰謝料は財産分与とか養育費とは違い、苦痛をはかってお金に換算しますからどれだけ相手に非があるかで変わってくると思います。

 

最初は離婚したい一心で何もいらないから離婚してっていうかもしれませんが、

 

あとからやっぱり賠償金が欲しいなんてこともあるのです。

 

そして、離婚した後でも、賠償金って取ることができるのです。

 

猶予があり、離婚後3年間は請求できるようになっています。

 

夫婦の場合苦痛になる原因も長い結婚生活の間数えきれないくらいあると思います。

 

離婚を意識しだしたら、どんなささいなことでも構いませんのでメモを取るようにしましょう。

 

世間では「慰謝料」という名前で定着していますが、「和解金」「解決金」と呼ぶ人もいます。

 

また慰謝料を財産分与に含めて支払うといった形を取る人も多いです。

 

その場合は財産分与に含んで慰謝料を支払った旨をきちんと文書に残しておくことが大切です。

 

熟年夫婦のように結婚生活が長いほど財産も増えていると思います。

 

後々のトラブルを避けるためにもきちんと文書で残しておくことが大切になってきます。

 

慰謝料に決められた金額はありませんが、一般的な会社員の年収では、相場は200万円、300万円、程度

 

結婚期間が長い場合は、300万円から500万円ほ程度が一般的です。

 

もちろん年収が多い場合、また与えた損害が多い場合は、もっと大きくなる事もあります。

 

話し合いで決めますが決まらない場合は調停がおこなわれます。

 

年金分割とこの慰謝料がどれほどとれるかで、その後の女性の自立した生活ができるかにかかわってくると思います。

 

しかし、300万円程度では心もとないですよね。

 

年金分割制度でえられる年金だけでは、やはりこの慰謝料をプラスしても、

 

苦しいものになってしまうと思います。

 

やはり、別途収入は確保する必要があるでしょう。