家計とローンと借り換え

ローンを組んでいない家庭はほとんどないぐらい、今はローンは、商品やサービスのような小さなものから、

 

住宅ローンのような大きなものまで必要な生活基盤となっています。

 

しかしか返済が厳しくなった時の対処方法も考えておかないと大変なことになります

 

いくつかのローンについて、取り上げて検討してみました。

 

住宅ローンと火災保険

住宅ローンに火災保険はつきものです。

 

住宅を購入するには、火災保険の加入が必要となることがどこの金融機関でも普通です。

 

融資の審査がその前提条件だったりします。

 

ただし、ローンが金利が低くてお得だとしても、火災保険に高額な費用をかけてしまうと、あまりメリットがなくなります。

 

金利の低い住宅ローン+火災保険も必要十分であるものにすべきです。

 

マイカーローン

自動車を購入する際には、高額商品ですからカーローンを組む方が大半だと思います。

 

新車のローンは、以前は自動車販売会社のローンが審査が早いこともあり主体でしたが、現在では銀行や専門業者などでの自動車ローンも多く金利も安いことが多いようです。

 

新車購入の際に同時にマイカーローンを組むと、自動車販売会社が提携しているか、その会社が運営しているローン会社になることが多くなります。

 

審査は早く簡易なのですが、金利が高いのが普通で、値引きも、そこで稼げるからと考えて、値引きしている場合もあります。

 

つまり値引きを受けてもあまりメリットがなかったりする場合もあります。

 

現在の低金利の世の中では、別にカーローンを探した方が、もっと有利なことが多いです。

 

すでに組んでしまっていて、100万円以上の残高があるのであれば、別のところで借りて返済する。

 

つまり借り換えてしまったほうがお得です。

 

ただし一般的なフリーのカードローンでの借り換えは、目的別ローンよりも金利が高くなるので、

 

借り換えるのであれば、マイカーローンで探しましょう。