脱毛機によって脱毛の効果って違うんです

レーザー脱毛機も光脱毛機もいろいろな種類があります。

 

光脱毛機は基本的にどれもレーザーほどの肌の奥までは届かないですが、レーザー脱毛機はその使っている光源の波長によって届く距離が異なります。

 

これによって、得意な毛と、そうでない毛があり、脱毛したい部位や毛の状態によって使い分けるのが理想なんです。

 

この脱毛機の特性についてある程度の知識がないと、脱毛するクリニックを選択する場合失敗することもあるので知っておくべきです。

 

ただし、脱毛機だけでなく照射時間や、出力の調整など、脱毛の状態や、肌の状態をみて的確に調整するかどうかで、脱毛の効果や肌トラブルもかわってきます。

 

ですので、マシンだけですべては言い切れませんが、その辺は、男性の脱毛の症例の多いクリニックや脱毛サロンを選べばいいので、この記事では、脱毛機の種類と特徴についてまとめます。

 

主なレーザー脱毛機は3つ

アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの3種類のレーザーが脱毛では実績があり主力となっています。

 

ただしメーカーや方にょってよって同じレーザーを使っていても全然脱毛の仕組みや痛みの感じ方が変わります。

 

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトという宝石を使って光を作っているのでそのような名前がついています。

 

レーザー脱毛機としては初期の頃から使われているレーザーで、今でも最新型が出ています。

 

多くの医療機関で現在も使われている主力のレーザー脱毛機です。

 

基本的なレーザー脱毛の仕組みである、メラニン色素という黒い色素に光が集まり、その熱で毛根周辺の細胞を熱で破壊して脱毛します。

 

1メートルの10億分の1を表す単位であらわすナノメートル(記号: nm)で表すと波長は755nmで、比較時長いので、皮膚表面より深いところに達します。

 

日本人の毛根のおおよその深さに近いので、肌表面を傷めにくく、毛根を破壊できるため日本人向けのレーザーと言われています。

 

最新のマシンでは照射と同時に肌を冷却できるので、冷却ジェルを塗って保護しなくても照射できます。

 

シミやニキビ治療としても効果があるといわれています。

 

メンズ脱毛でもよく使われていますし、ヒゲ脱毛でも実績症例は多くあります。

 

「ジェントルレーズ」というレーザー脱毛機がこのアレキサンドライトレーザーでは代表的な機種となっています。

ヤグレーザー ジェントルヤグ、クールグライド、ジェネシス
ダイオードレーザー ソプラノ、メディオスターNeXT、ハヤブサ、ライトシェアデュエット
アレキサンドライトレーザー アリオン、ジェントルレーズ
アレキサンドライトレーザー+ヤグレーザー(ハイブリッド型) エリート、ジェントルマックスプロ