メンズ脱毛前の自己処理の長さってどれぐらいにしたらいいいの?

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛の脱毛前の自己処理の長さはどれくらいにすべきかについてですが、長さは必要ありません

 

きれいに剃ってツルツルな状態にしておきましょう。

 

但し美容電気脱毛で処理する場合は3mm前後はないと難しくなります。

 

髭脱毛で美容電気脱毛をする場合は注意です。

 

剃り忘れがありムダ毛が長い状態で残っていると、レーザーやフレッシュのライトを照射するときに痛みが生じたり火傷で肌トラブルが発生したり脱毛効果が弱まってしまったりなどの問題がつきまといます。

 

脱毛前の自己処理が不十分だと脱毛が出来なくなってしまう場合もありますので、前日にお手入れ箇所のムダ毛をきちんと剃っておく必要があります。

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛のライトはムダ毛の黒い色素に反応します。

 

黒い色素にアプローチして毛根を弱らせてムダ毛をどんどん減らしていくという脱毛方法ですので、ムダ毛が生えていると毛根ではなくムダ毛自体に反応してしまいます。

 

クリニックやサロンによっては無料で剃ってくれるところや有料で剃ってくれるところもありますが、自己処理を怠るとその日の脱毛が出来なくなってしまうところもありますので、利用する際は事前にホームページや初回のカウンセリングできちんと確認しておきましょう。

 

脱毛前のムダ毛の自己処理をする際の注意点として、肌を傷付けないようにするということがあります。

 

せっかくきれいに剃ったとしてもカミソリで切って流血してしまったり摩擦が生じて肌が荒れてしまったりすると、当日の脱毛が出来なくなります。

 

肌を傷付けないように優しくゆっくりと丁寧に自己処理をすることが重要なポイントとなります。

 

安全に自己処理を行うためには、カミソリではなく電気シェーバーを使用するのがおすすめです。

 

カミソリの刃を横に滑らせてしまう危険性もありませんし、肌への負担も少ないので安心です。

 

脱毛前の自己処理の意味をきちんと理解して正しい方法で安全にムダ毛を剃って当日の脱毛に備えましょう。

 

安全にキレイに自己処理をすることが脱毛効果のアップにもつながります。

 

脱毛クリーム、毛抜き、ワックス脱毛は厳禁

同じ自己処理でも、脱毛ができなくなってしまうのが、毛根から毛をすべてなくしてしまう脱毛方法です。

 

これをやると、レーザーや光脱毛で、毛根周囲に熱を集中させて脱毛することができなくなってしまうので、注意してください。